cocorport(旧Melk)の口コミまとめ♪

目次一覧

ココルポート(メルク)の評判を就労移行経験者がお伝え♪

Melkの良い評判(口コミ)はこちら

・『ココルポートは、交通費応援制度で、利用者の交通費を上限1万円まで補助してくれる。』

交通費応援制度がある就労移行所は、ココルポート以外で聞いたことがありません。

ここまで、利用者の事を考えてくれる就労移行支援所は他にありませんので、ココルポートが悪い就労移行支援所でない事がわかりますね。

障がい者は、障害年金だけで、生活している人が多いので、交通費が原因で通えない人が多いと思います。

そんな人は、迷わずココルポートを選んでください。

しかも、下記でも紹介しますが、お昼ご飯の補助まであるので、お金で困っている人には、本当にありがたい就労移行支援所です。

・『ランチ応援制度で、お昼ご飯の費用を補助してくれる。』

お昼ご飯まで補助をしてくれる就労移行支援所は珍しいです。

私は、約十社の就労移行支援所に通いましたが、一社しかお昼ご飯の補助をしてくれる所はありませんでした。

しかも、コストがかかるという理由で、交通費まで補助してくれる所は、一つもありませんでした。

よって、ココルポートは、お金儲け主義の就労移行では無いと考えて間違えないと思います。

・『ココルポートは、知的障がい者から、身体障がい者まで、ほとんどの障がい者を受け入れている就労移行なので、ほとんどの人が利用できる。』

多種の障がい者を受け入れると、バリアフリー化必須になり、費用がかかるので、お金儲け主義の就労移行は行いません。

さらに、障がい者同士で、争いも生まれやすくなるので、職員も大変です。

それでも、ほとんどの障がい者を受け入れてくれるココルポートは、お金儲け主義の就労移行ではないと言えます。

お金儲け主義の就労移行は、虐待やいじめ、利用者を放置するなどの問題を起こす事が多いので、ココルポートのような就労移行を選ぶ方が得策だと思います。

・『ココルポートは、風通しの良い社風なので、社員同士の仲も良く、明るく元気な人が多い。』

ココルポートは、ナイスチャレンジ制度という制度があるそうです。

この制度は、社員が自由にアイデアを発信して、良いアイデアであると認められると、賞金がもらえる制度であるそうです。

つまり、縦社会ではなく横社会の会社なので、体育会系の怖い職員がいる就労移行支援所ではないと思います。

怖い職員の多い就労移行支援所ではないようなので、安心して通えますね♪

・『ココルポートの職員は、黒髪で真面目な人が多いので安心して通えた。』

茶髪でチャライ社員が多い就労移行には通いたくないですよね。

就労移行では、まれに虐待やいじめなども起きているので、真面目で、ちゃんとした見た目の職員でないと不安になります。

その点ココルポートは、黒髪でちゃんとした見た目の職員が多いそうなので安心できます。

また、就労移行は、利用者よりも職員の方が身分が上なので、職員に素行が悪い人がいると大変です。

最悪利用者が追い出される事もあるので、ココルポートのようなちゃんとした職員が多い所を選びましょう。

・『毎週土曜日に、スポーツやレクリエーションを楽しめる日があるので、ゆるりと就労移行を楽しめる。』

ココルポートは、ビッシリと技能取得を一日中行う、厳しい就労移行ではないようです。

私の経験上、就労移行は、ゆるりとレクリエーションもやりながら、のんびり技能を付けるタイプと、ビッシリと技能実習のみを行うタイプがあります。

そして、ココルポートはどちらかというと、前者に当てはまると思います。

よって、あまり肩ひじ張らずに、のんびりと就労移行を楽しみたい方に適していると思います。

あまり、技能実習ばかりしていると、疲れてしまったり、体調が悪くなってしまう人にピッタリではないでしょうか?

・『ココルポートは、職員が常に利用者の体調を観察してくれるので、体調が悪かったり、周りとうまくいかない時に、フォローがあり、ありがたかった。』

朝の準備運動をしている時などに、利用者の状態を確認して、職員のミーティングの際に共有しているそうです。

ここまで行ってくれる就労移行は聞いたことがありません。

理由は、ココルポートは、通常の就労移行よりも幅広い障がい者を受け入れているからだそうです。

つまり、ここまでしっかりやらないと、幅広い障がい者を一度に受け入れる事は不可能なのだと思います。

このように、利用者の状態をいつも心配してくれている就労移行なので、困ったことがあった時は、安心して職員に相談しましょう。

目次一覧

CONTACT