移行経験者だからわかる解説付き♪

目次一覧

atgpジョブトレit webの評判&口コミまとめ

・『実務経験があるWebデザイナーの職員がいるので、すぐに質問が出来て学習がはかどるという評判(口コミ)がありました。』

webデザイナーになるには、プログラミングのスキルが必須です。

しかも、暗記だけではないので、プログラミングは難しいです。

私自身、HTML、CSSを学んだ時に、positionなどの難しい事がすぐには理解できませんでした。

よって、仕様をきっちり理解しているプロに、すぐに質問が出来る環境が、挫折を防ぐために必須になります。

そんな恵まれた環境がある就労移行支援は、atgpジョブトレit webくらいなので、webデザイナーになりたい障がい者の人には、最高の環境だと思います。

私も、学習している時に、atgpジョブトレit webがあれば、利用していたと思います。

・『障がいの特徴を理解して、障がいを乗り越える訓練もしっかり行ってくれるという評判がありました。』

atgpジョブトレit webは、障がい者の方なら誰もが知っているゼネラルパートナーズのグループ企業です。

よって、障がいの克服のノウハウは、どの就労移行支援所よりも、豊富に持っているはずです。

つまり、webデザイナーとしての技能習得はもちろん、障がいの克服に関しての訓練もしっかり行ってくれると思います。

まさに、atgpジョブトレit webは、一石二鳥の就労移行支援所という事ですね♪

・『atgpジョブトレit webの施設長が、発達障害専門の就労移行を経営していた経験者なので安心です。』

お金儲け目的で、福祉とはなんの係わりもない企業が就労移行支援所を始める事があるので、大切な評判だと思います。

私も実際、web制作会社がお金儲けで始めた就労移行支援所に通ったことがありますが、職員が精神の利用者をいじめるというとんでもない就労移行支援所でした。

この点に関して、atgpジョブトレit webは、福祉関係者が運営しているので安心が出来ますね。

・『webデザイナーとしての実務経験がある職員のアドバイスがもらえるので、現場で必要なスキルが身につくという評判がありました。』

webデザイナーの世界は、卓上の空論はあまり評価されません。

実際に現場で必要とされる事と、教科書に書いてある事には、少し違いがあります。

よって、実務経験のある人に、現場の情報をもらうことは、お金では買えない価値があります。

このような情報は、atgpジョブトレit webのような希少な就労移行支援所などで収集するしかないので、利用しない手はないと思います。

・『atGPジョブトレIT・WEBに実際に見学に行った人が、スタッフさんの対応が良く、支援所の場所も通いやすくて良かったという評判を記載していました。』

就労移行支援所を選ぶ時に、一番大切になるのは、スタッフさんの人柄ですよね。

特に精神障害の人は、スタッフがひどいと体調を崩してしまうので、気になると思います。

実際に見学に行った人が、「スタッフの対応が良かった」という評判を記載しているのでこの点も、安心できそうですね。

さらに、場所も通いやすい場所でないと、長続きしないので、通いやすいという評判はとても大切な評判だと思います。

よって、webデザイナーとしての学習面だけではなく、就労移行支援所として、基本的な事もしっかりしているという事がわかりました。

・『「atgpジョブトレit webの見学の時に、一人の見学者に一人のスタッフさんが付いてくれて、丁寧な対応をしてくれる就労移行支援所だなと思いました」という評判がありました。』

見学を行った人が、「スタッフの対応が良かった」と記載している評判が複数確認出来たので、この点は問題の無い就労移行支援所と言って大丈夫そうですね♪

・『「デジタルハリウッドWebデザイナー講座を受講出来るので、これだけでも通う価値があります」という評判がありました。』

私が聞いた話ですが、デジタルハリウッドの講座を完了すると、在宅で仕事を請けられるチャンスをもらえるそうです。

つまり、デジタルハリウッドが、仕事を受注する専用サイトを運営しているので、こちらに参加する権利がもらえると聞いたことがあります。

(2016年に聞いた情報なので、興味のある方は、必ずご自身でご確認ください。)

つまり、atgpジョブトレit webに通えば、在宅でwebデザイナーとして働くチャンスも手に入るはずなので、見学の際に確認としてみてはどうでしょうか?

これだけでも、この就労移行支援所に通う価値があると、私は思います。

・『atgpジョブトレit webを利用すれば、最短6か月でWEB制作の技能を身に着けられるという評判がありました。(自宅で復習や予習をする場合の期間です。)』

また、自宅で学習しない人でも、一年間通い続ければ、必要な技能が付けられるそうです。

ちなみに、完全独学の場合、数年かかったり、挫折したりすることがあります。

特に、JavascriptやPHPは、かなり難しいので、独学で学ぶとほとんどの人が挫折するので、atgpジョブトレit webを利用する事をおすすめします。

さらに、就職の際も、穴だらけの独学WEBデザイナーは不利になる事が多いです。

よって、体型的に穴の無いWEBデザイナーになるために、atgpジョブトレit webでしっかりと基礎から学びましょう。

・『「atgpジョブトレit webの見学の時に、職員さんに渡してもらった資料を見ながら、ゆっくり丁寧に説明をしてもらいました」という評判がありました。』

atgpジョブトレit webにとって、見学は利用者さん獲得の最大のチャンスです。

つまり、最高のパフォーマンスを発揮しないといけない時なので、実際に利用する時には、見学時と同等か、それ以下になると考えられます。

よって、見学時の対応が悪い就労移行支援事業所は、論外なので絶対に利用しない事をおすすめします。

私も、過去に沢山の就労移行支援事業所を見学しましたが、見学の時以上の対応をしてくれた支援所は一つもありませんでした。

ほとんどの支援所は、見学時と同じ待遇でした。

そして、二割ほど見学時以下の対応をされた事もあります。

しかし、見学の時以上に良い対応をしてくれた支援所は一つもありませんでした。

・『WEB制作は発達障害の人におすすめです。』

こちらは、私がWEBデザイナーをやっていて感じている事です。

実は、私もウェクスラーというIQテストを受けた時に、言語性のIQが120台であり、言語性のIQにかなり偏っている発達障害寄りの健常者という結果でした。

しかし、脳の使い方が言語性のIQに偏っているおかげで、アルゴリズムを考える事が出来たり、論理的に話をすることが出来る恩恵も受ける事が出来ます。

そして、WEBデザイナーの仕事では、論理的思考力が非常に大切になります。

つまり、アルゴリズムが全く考えられず、論理的なデザインも出来ない人は、どんなに努力をしても決して一流のWEBデザイナーにはなれないのです。

よって、言語性のIQに偏っている発達障害の人は、自分の天性の素質を生かすためにもatgpジョブトレit webで学んで、一流のWEBデザイナーになりましょう。

・『WEBデザイナーは、特例子会社の社内でも働ける。』

会社のWEB担当になれば、自社のサイト管理の仕事を行うことが出来ます。

つまり、納期に追われて残業に悩まされる事もほとんどないという事です。

よって、体調に不安がある人でも安心して働くことが出来るのです。

目次一覧

CONTACT